■子どもがアトピー。ドラッグストアでアトピーによい入浴剤はある?

 

通常の肌質の人ならば、何も気にすることなく使用している入浴剤ですが、
実は、アトピーの人は入浴剤を選ぶにも注意が必要なのです。

 

 

入浴剤と一言で言っても、その成分はさまざまです。
多くの化学物質が入っているものもあります。

 

 

通常の肌質の人でしたら、何の問題もない成分でも、
アトピーの原因となるアレルギー物質が含まれる場合があります。

 

 

お肌の表面から、それらの物質を吸収してしまうことがあるのです。

 

 

今回は、アトピーの人が避けたい成分のご紹介と、
それらを含まない入浴剤のご紹介をします。

 

 

■アトピーの人が避けたい成分

 

入浴剤によく含まれる成分のうち、合成香料や着色料、保存料などが
含まれているものは、アトピーの人は避けましょう。

 

 

入浴剤は、リラックス効果を高めるために、多くの香料や着色料を使用しています。
見た目にさわやかなブルーのお湯も、よくよく考えてみると、
何で着色しているのか分かりませんよね。

 

 

そういった成分は、お肌に刺激を与え、アトピーを悪化させてしまいます。
同様に、防腐剤や酸化防止剤も避けた方が無難です。

 

 

また、重曹と呼ばれる、炭酸水素ナトリウムも注意が必要です。
入浴剤にはよく使用される成分で、お肌の毛穴につまった汚れを取り除いてくれるなど、
嬉しい成分です。

 

 

しかし、アトピーの人にとっては、お肌の油分を必要以上に取ってしまうため、
乾燥してしまうことがあります。
乾燥はアトピーの大敵です。

 

 

その他、入浴剤として人気の「炭酸ガス」も、血管を広げる効果があるため、
かゆみを引き起こすことがあり、
温泉ではおなじみの「硫黄」も、刺激が大きいため、
かゆみの原因となってしまうことがあります。

 

 

このように、通常、入浴剤によく使用されている成分が、
アトピーの人にとっては避けるべき成分になってしまっているのです。

 

 

■ドラッグストアで購入できる入浴剤

 

ここまで、アトピーの人が避けたい、入浴剤の成分をご紹介してきました。

 

 

逆に言うと、これらの成分を含まない入浴剤ならば、
アトピーの人も使用できる可能性が高いということです。

 

 

そこで、一般的なドラッグストアで商品を確認してみました。

 

 

アトピーの人が、使用していることが多い入浴剤のうち、フェルゼア、キュレル、
エモリカ、ツムラの薬油を見つけることができました。

 

 

これらは、アトピーや敏感肌の人でも、使用しやすいと人気の商品です。

 

 

そのほか、近所のドラッグストアでは見つけることができませんでしたが、
ツムラのバスハーブという、100%生薬エキスでできた入浴剤も、
アトピーの人が使用しているという声があります。
大型店舗でしたら、取り扱いがあるのかもしれません。

 

 

他にも、赤ちゃん用と思われがちですが、アトピタの入浴剤も、赤ちゃんから大人まで、
アトピーや敏感肌の人が愛用しています。

 

 

しかし、アトピタの乳液などはドラッグストアで簡単に見つけることができたのですが、
入浴剤は、あまり取扱いが無いようで、今回は見つけることができませんでした。

 

 

しかし、これらの商品は、アトピーの人が使用していることが多いというだけで、
必ずしもメーカーがアトピーの人向けとして販売しているわけではないということは
注意が必要です。

 

 

アトピーとひとことで言っても、その程度もステージも様々です。

 

 

アトピーの症状は人それぞれですので、安易に使用すると、
症状を悪化させる危険性もありますので、使用に際しては、ご自身との相性をよく
確認してください。

 

 

ドラッグストアによって、商品のラインナップは大きく異なりますので、
一概には言えませんが、今回確認した通常の店舗で、
アトピー用と明記されている商品は見つけることができませんでした。

 

 

■アトピー用の入浴剤を

 

ここまでの情報では、アトピーの人は入浴剤を使用できないのかと
思われるかもしれませんが、実は、アトピー用の入浴剤というものがあります。

 

 

一般的なドラッグストアであまり見かけたことはありませんが、
最近ではネット販売等で簡単に購入することができます。

 

 

アトピーに悩む人にとって大切なことは、お肌に刺激がないこと、
保湿効果がしっかりあり、乾燥を防いでくれること、そして、
可能であれば、弱くなっているお肌のバリア機能をサポートしてくれるような入浴剤です。

 

 

アトピー用と明記されている商品でしたら、それらの観点が網羅されており、
安心して使用可能なものがいくつかあります。

 

 

ドラッグストアで一般的に販売されている商品で、完全に安心かどうか判断するのは、
個人では難しいかもしれません。

 

 

安易にお肌に刺激を与えて、スキンケアのはずがアトピーを悪化させてしまうことが
ないよう、アトピーに特化した商品を選ぶことをおすすめします。

 

■子どもがお風呂を嫌がる。入った瞬間に痒がる原因

 

アトピーのお子さんにとって、入浴はなかなか大変な時間だと思います。

 

 

アトピーの人は、お風呂に入るとき、なんどかかゆみのピークを迎えます。
その第一段階が、お風呂に入る瞬間なのです。

 

 

アトピーになったことがない人にとっては、なかなか分かってあげられないことですので、
ママもどうしてお風呂を嫌がるのだろう?と不思議に思うことが少なくないようです。

 

 

今回は、アトピーとお風呂の関係をご紹介していきます。

 

 

■入った瞬間が、最初のかゆみピーク

 

先ほど少しお話ししましたが、お風呂に入る瞬間というのは、
かゆみが強くなる瞬間でもあるのです。

 

 

どうして、お風呂に入っただけでかゆくなってしまうのでしょうか?

 

 

それは、お風呂の温度が関係しています。

 

 

お風呂は、通常、37度から40度くらいで沸かすことが多いと思います。
この温度は、人の体温よりも少し高めの温度です。

 

 

ここに入っていくことで、自身の体温よりも高い温度のお湯に触れ、
お肌の表面の血管は、瞬間的に血流がよくなります。

 

 

通常の肌質の人は、それを刺激とは感じにくいものですが、アトピーの人にとっては、
その急激な血流増加も、お肌への刺激になってしまい、かゆみの原因となるのです。

 

 

また、皮膚表面だけでなく、熱いお湯は自律神経も刺激します。
これも、かゆみを増す原因となってしまいます。

 

 

そのため、お風呂に入った瞬間というのは、実はたくさんの刺激を受ける瞬間であり、
かゆみが大きくなる瞬間なのです。

 

 

■アトピーのお子さんにおすすめのお風呂

 

せっかく気持ちいいはずのお風呂タイムが、かゆみのために嫌な時間になってしまう
ことは、お子さんにとってかわいそうなものです。

 

 

お風呂に入るということは、お肌に刺激を与えるということです。

 

 

しかし、それと同時に、お肌の表面を清潔にし、毒素を排出できる機会でもあります。
入浴が、お肌のセルフケア能力を高めるとも言われますので、大切な時間なのです。
できるだけかゆみを抑えられる方法を考えてみましょう。

 

 

まず、お風呂の温度です。

 

 

特に冬場などは、体を温めようと熱めの温度設定にしてしまうことがあります。
しかし、熱いお風呂は、皮膚への刺激を増すため、できるだけ避けた方が良いものです。

 

 

アトピーのお子さんが入るお風呂は、37度から、高くても40度までに設定しましょう。

 

 

次に、お風呂の入り方です。

 

 

つい、かゆいからと、湯船で立ち上がったままになっていたり、
少なめのお湯に半身浴のような状態で入ってしまうことがありますが、
できれば肩までしっかりお湯に入るようにしましょう。

 

 

半身浴状態で上半身が露出していると、お湯に入っていない部分が乾燥して、
かゆみが生じることがあります。

 

 

また、だんだんと体が温まってくると、上半身に汗をかいてしまいます。
この汗も、かゆみの原因となります。

 

 

少しでもお風呂の際のかゆみを軽減する入浴方法を実施しましょう。

 

 

入浴するお湯にも、注意しましょう。

 

 

リラックス効果が高いとされる、炭酸ガス系の入浴剤などは、
皮膚に刺激を与えてしまいます。
温泉でおなじみの硫黄も、アトピーのお肌には避けた方が良い成分です。

 

 

入浴剤なしでも問題ありませんが、実は、人によっては、そのままのお湯も
かゆみの原因となってしまうという人がいます。

 

 

入浴時、水道水に含まれる塩素に反応してしまうという人もいます。
また、入浴剤なしのお湯に入るとお風呂から出た際に急激に乾燥し、
かゆみがひどくなるという人など、さまざまです。

 

 

お子さんの肌質に合った、アトピー用の入浴剤を使用することで、
お肌への刺激を軽減させ、お風呂上がりの急激な乾燥からお肌を守ってあげることも
できます。

 

 

アトピー用の入浴剤は、保湿効果が高いものが多いため、
水道水よりも乾燥しにくいでしょう。

 

 

■お風呂嫌いにさせないための、保湿

 

細心の注意をはらっても、入浴はどうしてもかゆさとの戦いになってしまうことが
あります。

 

 

ただ、さらに気を抜いてほしくないのが、お風呂上がりの保湿です。

 

 

お風呂で温まり、濡れた状態の皮膚は、放っておくと数分で乾燥してしまいます。
お風呂上がりの乾燥が、お風呂でかゆみが発生する最後のタイミングなのです。

 

 

ここでひどいかゆみを感じてしまうと、お風呂の印象がつらいものになってしまいます。
お風呂嫌いにさせないためにも、お風呂上りはしっかりと保湿ケアをする体制を
とっておきましょう。

 

 

また、お風呂上りの柔らかくなったお肌は、かゆくてかいてしまった場合に、
とても傷つきやすい状態になっています。

 

 

かかない、タオルでゴシゴシ拭かないということも重要なことです。

 

 

お肌に大きな刺激を与えることになってしまいますので、なるべく早く保湿をし、
乾燥によるかゆみを感じないようにすることで、お風呂嫌い防止と、
お肌の保護をしていきましょう。

 

■キュレルの入浴剤ってないの?子供用はある?

 

お肌が弱い人は、キュレルという名称の商品を聞いたことがあると思います。

 

 

キュレルは、洗顔や化粧水、美白乳液から、ボディウォッシュや、
お肌を洗う用のタオル、ハンドソープにいたるまで、多くのラインナップが
そろっている商品です。

 

 

主に、乾燥性敏感肌の人向けの商品として人気のキュレルですが、
アトピーの人でも愛用者が多いことで知られています。

 

 

このキュレルのシリーズには、実は入浴剤もあるのです。

 

 

アトピーの人でも、使用しているという声が多く、また、
ドラッグストアなどで手軽に購入することができるのが嬉しい商品です。

 

 

子供用というものはありませんが、この商品は、赤ちゃんから使用可能となっています。
そのため、年齢を問わず、赤ちゃんからおとなまで、使うことができるのです。

 

 

今回は、このキュレルの入浴剤についてご紹介します。

 

 

■キュレルの入浴剤

 

キュレルの入浴剤は、浸透保湿セラミド機能成分、ユーカリエキスなどの潤い成分が
配合された、医薬部外品の入浴剤です。

 

 

弱酸性、無香料、無着色、さらに、アルコールフリーと、お肌への刺激を抑えています。

 

 

キュレルのシリーズは、基本的に、乾燥性敏感肌の人に向けた商品となっていますが、
それだけでなく、肌荒れや湿疹などにも効果が高いことから、
冬場の肌ケア用に愛用している人も多い商品です。

 

 

アトピーの人にとっても、乾燥はとても大きな問題です。

 

 

入浴時はもちろんのこと、お風呂上りにも保湿効果が続くため、
急激な乾燥からお肌を守ってくれます。

 

 

実際に、使用者の声として、お風呂上がりの保湿力が高く評価されており、
そのため、アトピーの人の中には、お風呂上がりにかゆくなる程度が低くなった
という印象を受ける人もいるようです。

 

 

ただ、入浴剤による保湿効果は一時的なものであることは間違いありませんので、
お風呂上がりにはできるだけ早く保湿することは忘れないようにしてください。

 

 

メーカーが提唱している効能は、荒れ性、湿疹、ひび、あかぎれ、しもやけ、
冷え性、ニキビ、あせもなど多岐にわたります。

 

 

なかでも、コメ胚芽油が配合されていることで、肌荒れに効果が高いと言われています。

 

 

ただ、乾燥性敏感肌とアトピーの症状は、お肌のバリア機能が低下するという面では
よく似ていますが、アトピーの場合には、それにアレルギー反応が関わってきます。

 

 

そのため、必ずすべてのアトピーの人に安心とは言いきれないことも事実です。

 

 

使用の際には、お肌との相性をしっかり確認してから使用するようにしてください。

 

 

■赤ちゃんも使用できることが嬉しいポイント

 

大人でもアトピーはつらいものですが、ママご自身ではなく、お子さんがアトピー
という場合には、入浴剤も自分で試してみることもできず、選択が難しいものです。

 

 

そのため、なるべく低刺激のものを選びたいというママの多くが、
「赤ちゃんから使用できる」ということに着目しているようです。

 

 

赤ちゃんのお肌は、おとなに比べて本当に繊細なものです。

 

 

その、赤ちゃんのお肌にも使用可能ということは、刺激が少ないのだろうということで、
ママ達の商品選択の一つの指標になっているようです。

 

 

実際、このキュレルも、赤ちゃんから使用できるため、安心してお子さんに
使用しているという声が多く聞かれます。

 

 

キュレルの高い保湿力で、お子さんの入浴時間が少しでも快適になるといいですね。

 

 

■豊富なラインナップならではのおすすめケア

 

キュレルは、さまざまな商品ラインナップからなるというお話をいたしました。

 

 

実際、お子さんがお風呂に入る時を想定しただけで、入浴剤から始まり、
全身を洗うボディウォッシュ、体を洗うためのタオル、シャンプー、コンディショナー、
そして、忘れてはならない、お風呂上がりのボディケア用品まで
すべての商品がシリーズ化されています。

 

 

もしキュレルがお肌に合っているような場合には、キュレルでケアを
一貫して行うことができますので、心強いポイントです。

 

 

なかでも、お風呂上がりのケアに使用する、キュレルクリームが人気です。

 

 

キュレルの、保湿力の高い入浴剤入りのお風呂の後は、キュレルクリームで
保湿してあげてください。

 

 

とても柔らかいクリームで、入浴剤との相性が良いのか、
これらを一緒に使用すると、お肌のうるおいがいつも以上に保たれているような
きがするという声もあります。

 

 

こちらのキュレルクリームも、赤ちゃんから使用可能な商品です。

 

 

広範囲に使用する場合には、使い勝手の良い、キュレルローションも評価が高い
商品です。
のびがよく、べたつかないので、お子さんも嫌がらずにつけてくれるのではないでしょうか。

 

 

ご紹介したキュレルの、お風呂に関わるシリーズを近所のドラッグストアで
探してみたところ、体を洗う用のタオル以外は、すべて見つけることができました。

 

 

手軽に使用を開始できるのは嬉しいポイントです。

 

 

しかし、先ほどもお話しましたが、アトピーというものは、アレルギー症状が
ともなうものですので、お肌との相性は、注意して確認するようにしてください。

 

 

また、保湿力の高い商品ではありますが、あくまでアトピーに特化した商品では
ありませんので、効果の度合いが少ないと感じる可能性もあります。

 

■塩素を除去するビタミンC

 

水道水の塩素を、気にしたことがありますか?

 

 

プールの水は、消毒のために強い塩素臭がしますので、
塩素がたっぷり入っているのだろうという印象をうけます。

 

 

実は、水道水にも、塩素が含まれているのです。

 

 

この塩素、とても大切なものなのですが、アトピーや敏感肌の人にとっては、
かゆみの原因となる大敵でもあるのです。

 

 

かゆみの原因を取り除くため、塩素を除去する方法として、ビタミンCを
使用した方法があります。

 

 

今回は、水道水の塩素のについて、そして、その除去方法についてご紹介します。

 

 

■水道水の塩素は、必要なもの?

 

水道水を飲むことができるのは、塩素のおかげといっても過言ではありません。
塩素の作用で水が消毒され、雑菌の発生を抑制しているのです。

 

 

しかし、塩素自体は、体に良いものではありません。
塩素の濃度が濃いと、お肌や髪に強い刺激が加わり、かさかさになってしまいます。

 

 

とても大切な塩素ですが、乾燥肌やアトピーの人は、特に注意が必要なものなのです。

 

 

■お風呂と塩素

 

長時間、水道水そのままのお風呂に入っていると、お風呂上がりにかゆみを
感じることがあります。

 

 

これが、塩素の影響かもしれません。

 

 

特に、お風呂で、石鹸を使用して体をきれいに洗ってから湯船に入ると、
その影響が大きくなると言われています。

 

 

石鹸をつかって、ゴシゴシお肌を洗ってしまうと、お肌表面のバリア機能が
一時的に低下します。

 

 

そのことで、塩素の刺激を受けやすくなるのです。
夏場などは特に気になることはありませんが、お肌が乾燥しやすい冬場などに、
お風呂上がりにお肌がカサカサになってしまったり、少しかゆいなと感じる人がいます。

 

 

ただ、これは、通常の肌質の人のお話です。

 

 

アトピーや慢性的な乾燥肌の人は、もっと顕著な影響を受けます。

 

 

アトピーの人のお肌は、通常の肌質の人に比べて、バリア機能が低下してしまっている
状態です。

 

 

そのため、通常の肌質の人が感じるよりももっと強い刺激を感じてしまうことになります。
アトピーの人は、季節を問わず、塩素の影響を考えたいものです。

 

 

■お風呂の塩素をビタミンCで除去する

 

では、お風呂のお湯から塩素を除去する方法をご紹介します。

 

 

一番簡単で、よく用いられている方法が、ビタミンCを使用した方法です。

 

 

お風呂のお湯に、ビタミンCを入れるだけで塩素が除去できるというのです。
もちろん、サプリメントなどのビタミンCでも効果があるようですが、
サプリメントなどはビタミンC以外の成分も多く含んでいますので、おすすめできません。

 

 

ドラッグストアやネットなどで、純粋なビタミンCのみを購入することができますので、
それを使用したほうが良いでしょう。

 

 

ビタミンCとは、アスコルビン酸ナトリウムの通称名ですので、
もしネット等で検索する場合には、こちらの名称を使用すると
見つかりやすいかもしれません。

 

 

食品を中心とした様々な分野でも使われ、お菓子やゼリーなどのビタミンC強化、
酸化防止等の目的で使用されています。

 

 

このアスコルビン酸ナトリウム、通称ビタミンCを少量、お風呂のお湯に入れるだけで、
お風呂の水道水から塩素を除去することができます。

 

 

この方法を実施すると、塩素を除去しますので、お水の殺菌作用が低下します。

 

 

そのため、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうことにもなりますので、
お風呂に入る前にビタミンCを入れ、使用後のお風呂のお湯は使いまわさないなど、
お湯の清潔さには注意が必要です。

 

 

また、ビタミンCというと、フルーツをイメージされる方も多いのではないでしょうか。
お風呂のお湯にユズやレモンを入れて、ユズ湯、レモン湯を用意すれば
ビタミンC入りのお風呂を用意できそうです。

 

 

しかし、果実の成分はそのままでは刺激が強いものが多くあります。
お風呂にそのままの果実を入れてしまうと、アトピーのお肌は
ヒリヒリしてしまうことがありますので注意が必要です。

 

 

■ビタミンC以外の方法で塩素除去

 

今回ご紹介しましたビタミンC同様に、塩素を除去してくれるものは他にもあります。

 

 

たとえば、緑茶や炭にも、塩素を除去する作用があると言われています。
緑茶は、ティーパックなどにしてお風呂に入れます。

 

 

炭は、水を浄化する作用がありますので、塩素の除去をして雑菌が繁殖する
危険性も軽減してくれるかもしれません。
しかし、炭を入れて沸かしなおしが必要など、少し手間がかかってしまいます。

 

 

そのほか、塩素は少し時間を置けば抜けるという性質を利用して、
沸かしたてのお湯ではなく、少し時間をおいてから入浴するようにするという
方法もあります。

 

 

金魚の水替えをする際に、水道水を水槽に入れ、少し時間をおいて
塩素除去をするという方法は、とても有名ですね。

 

 

しかし、水槽の水と異なり、お風呂のお湯の量はとても多いので、
塩素が十分に抜けるまでには4時間から5時間程度かかるとも言われています。

 

 

長時間ためておき、沸かしなおす必要がありますので、毎日のお風呂には、
あまり現実的な方法ではないかもしれません。

 

 

やはり、ビタミンCを投入する方法が一番簡単で、おすすめの方法です。

 

■アトピタやスキナベーブで沐浴して赤ちゃんのアトピーは治る?口コミ一覧

 

赤ちゃんや子供のアトピーは、どうにかして治してあげたいと思うものです。

 

 

現在は様々な保湿クリームなどが販売されていますが、
やはり一番保湿が必要となってくるのは、入浴に関わるシーンです。

 

 

特に入浴剤、沐浴剤でお肌にうるおいを与え、十分に保湿すること、
さらに、入浴で柔らかくなっているお肌に有効成分を届けることで、
アトピーの改善を目指したいものです。

 

 

今回は、赤ちゃん用の入浴剤、沐浴剤として有名なアトピタ、スキナベーブを
実際に使用した人の声から、赤ちゃんのアトピーが治るのかということを
考えてみようと思います。

 

 

■アトピタの入浴剤

 

最初に、少しアトピタの入浴剤についてご紹介します。

 

 

アトピタの入浴剤は薬用保湿入浴剤です。
特に赤ちゃんに向けて推奨されているものですが、その高い保湿力から、
冬場の乾燥に悩む人や、慢性的な肌荒れのケアにも人気の商品です。

 

 

天然成分のヨモギエキスを配合していますので、お湯に皮膚を付けていることで
優しい効果を実感します。

 

 

■アトピタ使用者の声

 

では、実際にアトピタを使用した人はどのような印象をうけたのでしょうか。

 

 

・保湿力が高いため、お風呂上がりのお肌を触ったらふっくらしています
・使用開始後、お肌のカサカサ感がなくなったような気がします

 

 

やはり一番多い声は、お肌が乾燥しなくなったという声です。

 

 

アトピーの人にとって、乾燥しないことはとても大きな課題です。
赤ちゃんの繊細なお肌も、乾燥しないことでお肌への刺激を軽減し、
アトピーの悪化を防いでくれているように思うとの声が多く聞かれました。

 

 

・お湯が柔らかくなるような気がする。
・お風呂で大泣きしていた子供が、お風呂をあまり嫌がらなくなった。
かゆみが少ないのかもしれない

 

 

このように、アトピーに悩む人も入りやすいお湯にしてくれるという声も
多く聞かれました。

 

 

以前少しお話ししましたが、アトピーの人にとってお湯も刺激になってしまうのです。
そのお湯からの刺激を軽減することで、かゆみの原因を解消します。

 

 

このような嬉しい効果を実感する声の一方、このような声も聞かれました。

 

 

・特に効果を実感できない。継続して使用しているけれど、アトピーの改善には至らない
・保湿の効果は実感するが、アトピーがよくなるわけではない
・使用後、お肌が赤くなってしまった。肌が弱いうちの子には合わなかったようです

 

 

保湿効果やかゆみ軽減の効果を実感する声は多く聞かれますが、アトピーが完全に治ったという声は残念ながら見つけることができませんでした。

 

 

やはり、アトピーはなかなか簡単に治るものではないようです。

 

 

また、乾燥がひどいアトピーの子には効果が大きいようですが、
肌が弱いタイプのアトピーのお子さんには、少し刺激が強いという声も聞かれました。

 

 

■スキナベーブの沐浴剤

 

スキナベーブは、発売から40年が経過しているロングセラーの沐浴剤です。

 

 

石鹸要らずで簡単に沐浴が完了するということで、新生児のママに人気の商品です。
新生児の繊細なお肌の乾燥、あせもや湿疹を防いでくれます。

 

 

■スキナベーブ沐浴剤使用者の声

 

赤ちゃんのアトピーに悩む人で、スキナベーブ沐浴剤を使用した人は
どのような印象をうけたのでしょうか。

 

 

・沐浴の時はすべりにくく使用しやすいのに、お肌はすべすべになります。
・沐浴のたび、お肌がふっくらするような気がします。

 

 

赤ちゃんの繊細なお肌を守ってくれる保湿効果を実感する声が多く聞かれます。
上がり湯が必要ないので、お肌に沐浴剤が残り、沐浴後もお肌を保湿してくれます。

 

 

・石鹸で洗わなくて良いので、石鹸洗いの刺激がなく、お肌への負担が少ない
・石鹸で洗う時に大泣きしていたので、お湯に入るだけでお肌をきれいにしてくれるのが
嬉しい

 

 

アトピーのお子さんは、石鹸で体を洗う際の刺激でかゆみを感じていることも
多いようです。
そのため、石鹸洗いが必要ないので、アトピーの悪化を防いでくれます。

 

 

・お肌には優しそうだけど、アトピーが治るわけではない。
・保湿効果あり。逆に言うと、保湿効果だけ。
・新生児にはいいが、少し大きくなった子供の汗には優しすぎる沐浴剤です。

 

 

アトピーに特化したものではありませんので、アトピーのケアという面では、
効果が薄いようです。

 

 

また、新生児から使用できるようにお肌への刺激を最小限にしていますので、
少し大きくなった赤ちゃんの汗には、少し優しすぎるという声が多く聞かれました。

 

 

十分に汗を除去できないと、アトピー悪化の原因にもなります。
アトピーを悪化させないための補助的なケアとして効果がありそうですが、
こちらの商品でアトピーを治すことは難しいようです。

 

■華密恋がアトピー用入浴剤として人気らしい。良い口コミと悪い口コミ一覧

 

アトピーで悩む人にとって、やはり一番安心なのは「アトピーの人におすすめ」
として販売されている商品です。

 

 

アトピーの人に人気の入浴剤に、華蜜恋というものがあります。
インターネットで、アトピーの人向けの入浴剤を検索すると、必ずこの華蜜恋が
最初にヒットするほどです。

 

 

華蜜恋という入浴剤は、カミツレエキス100%の薬用入浴剤です。
保湿効果だけでなく、消炎力に優れていますので、子供のアトピーや湿疹のケアに
効果が高いと話題となっています。

 

 

合成香料、合成着色料、鉱物油、合成保存料などの化学成分を一切使用しておらず、
カモミールの有効成分を引きだしたカミツレエキスをそのまま使用しています。

 

 

赤ちゃんの沐浴剤としても使用可能な、お肌に優しい入浴剤です。

 

 

■華蜜恋を使用した人の嬉しい声

 

アトピーに悩む人が、華蜜恋を使用して効果を実感した、良い口コミを見てみましょう。

 

 

・入浴後の保湿効果が高いため、お風呂上がりのクリームを嫌がる子供にとって、
入浴剤で全身ケアができるのが嬉しいようです。
・子供のアトピーのために使用を開始。お肌がしっとりするのを実感しました。
・お風呂上がりや、寝ている間に乾燥してかゆがっていたのが、嘘のように良くなりました。
 今では朝までぐっすり寝てくれています。

 

 

このように、お子さんのアトピーに悩む親御さんからの嬉しい声が多く聞かれます。

 

 

保湿効果が高いため、お風呂上がりにかゆくなることが少なく、
体をかいてしまうことが減ります。

 

 

その結果、お肌への刺激が抑えられますので、アトピー悪化を防いでくれるのです。
さらに、消炎作用がありますので、お風呂のお湯に入るだけで、
バリア機能が低下したお肌を優しくケアしてくれる優れものです。

 

 

・どの入浴剤をしようしても赤くなっていた子供のお肌がにも
トラブルが生じませんでした。
・冬場、乾燥した状態でお湯に入っても、ピリピリしない。
子供がお風呂を嫌がらなくなりました。

 

 

オーガニック成分でできていますので、お肌への刺激がとても小さいことも特徴です。

 

 

お子さんは、お風呂に入ることでかゆくなったり、お湯がヒリヒリするのを嫌います。
華蜜恋を使用することで、それらを防ぎ、お子さんが喜んでお風呂に
入ってくれるようになったという嬉しい声が多くあります。

 

 

・継続して使用するうちに、かゆがらなくなった。
・アトピーが改善している実感がある。入浴剤で効果があると思わなかった

 

 

華蜜恋の口コミ情報を見ていくと、アトピー症状に効果があり、
驚いたという声が多くみられます。

 

 

お風呂は、全身がお湯に入る機会の上、お肌が柔らかくなって有効成分が浸透しやすい、
肌ケアに最適の時間なのです。

 

 

ここで、天然オーガニック成分の華蜜恋を使用することで、
その効果が最大限に発揮され、アトピー症状を改善してくれるのです。

 

 

保温力も高いため、お風呂上がりにポカポカして、そのままぐっすり眠り、
朝までかゆくて起きることがなくなったという嬉しい声が多数です。

 

 

■華蜜恋を使用したけれど、残念だったという人の声

 

華蜜恋を使用して、良い印象を持たなかった人の声も参考にしてみましょう。

 

 

・においが独特。家族のなかでも、好きな派と苦手な派で意見がわかれます。

 

 

良くない印象の声で圧倒的に多かったのが、においに関する印象でした。
オーガニック成分でできている華蜜恋は合成香料などを使用しておりませんので、
天然のかおりなのです。

 

 

そのため、お子さんのアトピー改善のために購入したにも関わらず、
残念ながらそのお子さんが、匂いが苦手だと言って嫌がってしまうという
ケースもあるようです。

 

 

・高い。使用した感じ、ここまでの金額を出す価値があるか分からなかった。
・近所で売っていないので、ネットで買うしかなく、面倒

 

 

金額面、購入環境の問題で、継続するのが難しいと感じる人がいるようです。
確かに、近所のドラッグストアなどで見かけることはないようです。

 

 

また、普通の入浴剤に比べると高価なものですので、本当に治るのか不安で、
継続して購入することを断念してしまい、結果、十分な効果が得られないという
ケースもあるようです。

 

 

購入しやすいこと、価格が継続可能であることも、長く使っていくためには重要な要素です。

 

 

・使用したけれど、効果を実感しなかった。

 

 

少数ながら、やはり効果を実感できなかったという声も聞かれました。
全ての人に効果がでるわけではなく、効果がでるまでの期間もそれぞれです。

 

 

「効果なし」と判断するタイミングも難しいものです。
アトピーが完全に治るまでには長い時間がかかるかもしれませんが、
継続して使用することで、肌質が改善していくと思いますので、
少し根気強く継続してしようすることをおすすめします。